大阪市のファミリー専門不動産は完全個室・予約制のアフロへ > 株式会社アフロ AFLOファミリーサロンのスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入時に重要になる仲介手数料の基礎知識を解説

不動産購入時に重要になる仲介手数料の基礎知識を解説

≪ 前へ|不動産を購入するときの親子リレーローンとは?メリット・デメリットを解説   記事一覧   住宅ローンの金利とは?しくみや特徴、金利の具体例までご紹介|次へ ≫

不動産購入時に重要になる仲介手数料の基礎知識を解説

不動産取引では不動産の売買価格とは別に、手続きにともなうさまざまな費用が発生します。
仲介手数料もその1つであり、不動産会社を仲介した売買においては多くの場合で発生する費用です。
今回は不動産を購入する買主が支払う仲介手数料について、その概要や相場などを解説します。
どの程度の費用が発生するのか気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時にともなう仲介手数料とは?

仲介手数料とは、不動産を購入する際に利用した不動産会社に支払う手数料のことをいいます。
そのため不動産会社を介さず、直接個人間で売買をおこなった際には発生しない費用です。
そして仲介手数料は成功報酬なので、売買契約が成立した際に支払い義務が生じます。
具体的な金額は不動産会社によって異なりますが、宅地建物取引業法で上限額が定められているので、過度に高い金額が請求されることはありません。

不動産購入時に発生する仲介手数料の相場

次は仲介手数料の上限と相場について解説します。
仲介手数料の上限は売買される不動産の価格を200万円以下の部分、200万円を超えて400万円以下の部分、400万円を超える部分に分け、それぞれの5%・4%・3%が上限として設定されています。
より簡便に表現すると200万円以下の不動産なら価格の5%、200万円を超えて400万円以下の不動産なら価格の4%+2万円、400万円を超える不動産なら価格の3%+6万円が上限額です。
なお、実際に支払うのは上記の計算式で算出された金額に消費税を加えたものとなるので注意しましょう。
上限額はあくまで要求できる最大の金額であり、不動産会社は自由に仲介手数料を設定できます。
しかし実際のところ上限額をそのまま仲介手数料金額として設定していることが多いため、上限額がそのまま相場と考えて良いです。

不動産購入時の手数料が無料になる場合のメリット・デメリット

先ほど仲介手数料は上限額が実質的な相場だと解説しましたが、なかにはより安い金額を設定している不動産会社や仲介手数料が無料の不動産会社も存在します。
仲介手数料の相場は高額なため、それが無料になれば貯金や家具の購入費などさまざまな用途に資金を活用できます。
一方で仲介手数料が無料と言うだけで不動産会社を選ぶのはあまりおすすめしません。
売主にのみ仲介手数料が発生していた場合、不動産会社の立場が偏り平等な立場で交渉が進められない場合あります。
また成功報酬が発生しない売買のため対応そのものがずさんだったり、書類作成費などの名目で別の費用が発生したりする可能性もあります。
いずれにせよ仲介手数料の金額だけではなく、詳細な契約内容や対応を考慮して不動産会社を選ぶことが大切です。

まとめ

仲介手数料は不動産会社に支払う手数料であり、不動産購入時に発生する費用のなかでも金額が大きいものです。
いざというときに支払えないといったトラブルが起こらないように、事前に情報収集をして備えておきましょう。
私たち株式会社アフロでは、大阪市内の不動産情報を豊富に取り扱っております。
大阪市内のマンション売却でお困りでしたら、瞬間査定にてご参考下さい。

弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産を購入するときの親子リレーローンとは?メリット・デメリットを解説   記事一覧   住宅ローンの金利とは?しくみや特徴、金利の具体例までご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

オススメ物件

リビオ ザ 烏ヶ辻 五条小学校区の画像

リビオ ザ 烏ヶ辻 五条小学校区

2LDK 22.5万円
桃谷駅 徒歩3
夕陽ヶ丘sophia(夕陽ヶ丘ソフィア) 五条小学校区の画像

夕陽ヶ丘sophia(夕陽ヶ丘ソフィア) 五条小学校区

3LDK 18万円
四天王寺前夕陽ヶ丘駅 徒歩8
アリビオ上本町の画像

アリビオ上本町

2LDK 25万円
谷町九丁目駅 徒歩3

最近見た物件